過ごす場所を選ぶだけで、人はそうとう幸せなれる。平等院(2003年夏)

過ごす場所を選ぶだけで、人はそうとう幸せなれるもんだ。(2003年 夏)

みんなに等しく幸せな場所とはどういうものだろう。ここがその答えのひとつです。950年前にあった不安な時代につくられました。さっきからここにいる私からも一言、大丈夫  誰にも楽園はきっとあります。 (2003年夏TVCM)

滔々と流れる宇治川、山々が織り成す景観とおおらかな空気・・・平安時代、京の貴族たちにとって宇治は都勤めの疲れを癒してくれる別荘地として愛され、「源氏物語」の舞台となったのである。

世界遺産・平等院は平安時代後期、1052年(永承7)関白・藤原頼通が父道長の別荘を寺院に改めたのが始まりである。鳳凰堂はその翌年にその昔、平安貴族が夢見た”極楽浄土”をイメージした阿弥陀堂として建てられ、本尊・阿弥陀如来像が安置されました。

前庭の阿字池の水面に、鳳凰が翼を広げたような中央の楼閣を中心に左右に延びた翼廊を持つ優美な姿を映す鳳凰堂は、10円硬貨のデザインとして有名である。そして鳳凰は一万円札のデザインにもなっているのである。今回の改修では元の「丹土」という朱色を再現し、瓦を河内瓦に葺き替え、鳳凰が金色に輝いている。

親子でお山巡り、父さんが連れていく夏の京都。伏見稲荷(2012年夏)

早く大きくなれ。いや、ゆっくり大きくなればいい。     夏は、親も戸惑いながら育ってゆきます。(2012年 夏)

いつもは子どもに早く大きくなれ、と言っているのに、おもしろいものです、この町に来ると、いや ゆっくり大きくなればいいんだ、とそう思いはじめている。親子で旅する京都はまた格別です。(2012年 夏TVCM)

奥社奉拝所からが稲荷山への登り口である。高さ233Mの稲荷山には、至る所に歴史の深みを感じさせる厳かなお塚や祠があり、それを巡拝する「お山めぐり」は一周約4Km、2時間程度の参拝ルートで、山坂をのぼったり、下ったり、朱色の世界がさらに続く。稲荷山を背にする伏見稲荷大社には、一万基以上とされる鳥居が山全体を取り囲み、どれほど山奥に分け入っても赤い鳥居の行列である。これは願いごとが「通った」という感謝の意味を込めて奉納したもので、江戸時代から現代まで続いている習慣である。

見晴らしもよい展望台もあり一息つける四ツ辻は、標高165m。ここからお山巡りは時計回りにまわると良いとされています。

途中には、木材業者や大工さんや工務店の信仰を集める「大杉社」、「眼の病が良くなる」「先見の明・眼力が授かる」というご利益があると伝わる神さま「眼力社」、薬剤師さんや薬局・製薬会社等薬関係の商売繁盛にの御利益があるとされる「薬力社」などがあります。

最後に清少納言が「枕草子」第158段で大変苦しい思いをしたと書いた約200段の階段が続き、いよいよ頂上といわれる一ノ峰、稲荷山の最高峰(標高233メートル)であり、ここを末広大神と崇める信仰がある。ここからは下りでニノ峰(青木大神)、三ノ峰(白菊大神)と回り、四ツ辻に戻ってくることができます。

京都の隠れ里・大原の里に苔むす庭にわらべ地蔵。三千院(2008年)

じっと耳を澄まさないと聞こえてはこない、ここにあるのはそんな音ばかりです。不思議なことに人のしゃべり声も小さくなっていました。涼しくなったら考えよう、そう言って後回ししていたこと、思い出しました。(2008年CM 大原の里)

京都洛北「大原の里」は山間に広がる田園風景の中に歴史ある寺院と名庭揃いのエリアです。徒歩1時間の距離の中に5つの寺院が集まっていて楽しめます。伝教大師最澄が比叡山に東塔南谷に築いた小堂が寺の起源で、その後、幾度も京都市内を移転、明治維新後に現在の地に移り「三千院」と呼ばれるようになりました。

青蓮院や妙法院と並ぶ天台三門跡の一つです。これに曼殊院と毘沙門院を加えて五門跡寺院となります。立派な「御殿門」をくぐります。

宸殿から往生極楽院を見ると絵画のような美しい景色が広がります。中国六朝時代を代表する詩人。謝霊運の「山水清音有」より命名された「有清園」は池泉回遊式庭園で一面を覆う杉苔の大海原からまっすぐに伸びる杉やヒノキの木立が美しく、太陽の光が差し込むと、神々しい雰囲気に包まれます。

苔の庭からは石彫家・杉村孝氏の「わらべ地蔵」が顔をだしています。拝んでいるものや寄り添っているもの、寝転がっているものなど姿や表情もかわいらしい。

往生極楽院は寛和2年(986)に往生要集の著者で天台浄土教の大成者である恵心僧都源信が父母の菩提のため姉の安養尼と共に建立したと伝えらえます。お堂に比べて大きい国宝「阿弥陀三尊像」を納める工夫として天井を船底型に折りあげています。現在は肉眼ではわかり難いものの、その天井には極楽浄土に舞う天女や諸菩薩の姿が極彩色で描かれています。

この「ヒンヤリ」は 水の神様の、しわざです。貴船神社(2011年夏)(2002年夏)

貴船川沿いに本宮、中宮、奥宮が離れて点在し、約80段の石段の両脇の朱塗りの春日灯籠が並ぶ本宮の石段参道は、したたるようなご神木カツラの緑が広がり映え美しくあでやかです。

浅緑、浅葱、萌葱、萌黄、「日本のみどり色」が見つかりました。(2011 夏)

全国450社ある貴船神社の総本社である「貴船神社」は、京の町中を流れる鴨川の水源に位置し、古くは木々の生い茂った山『木生嶺』とも、大地全体からエネルギー(気)の生じる根源として『気生根』とも記されていたといい、反正天皇(390年頃)の時代の創建とされている。神武天皇の母、玉依姫命が黄船に乗って浪速から淀川・鴨川・貴船川を遡って当地に上陸したところに水神を奉り祠を建てたのが始まりで、1600年以上も前から水の神として信仰を集めていたのです。

その奥宮は古木が天を覆い、生命生気に満ちた正に『聖なる森』の感じです。

この「ヒンヤリ」は 水の神様の、しわざです。(2002年 夏)

貴船川の上流へ500M、夏の川床で有名な料亭の赤提灯が途切れたあたりに奥宮がある。その間にある中宮(結社)の御祭神は磐長姫命で縁結びの神様と知られ、歌人・和泉式部が詣でて、心が離れた夫とよりを戻したことで有名です。

願い事をかなえる為にはまず、本宮で購入した「結び文」の裏に願い事を書き、結社の「結び処」に奉納するのだが、貴船神社の参拝方法は、本宮⇒奥宮⇒結社という順に参拝するのが、三社詣と言われる古くからの慣習です。最後のお参りする「結社」が縁結びの最強パワースポットなのである。

「京」と「水」とでできた「涼」でした。(2002年 夏)

気温は市中より約5度は低く、貴船川の渓流にしつらえた床で涼をとるのが、昔から京都の人の夏の楽しみなのです。

柱を額縁に見立てた額縁庭園でゆっくりと目と耳を遊ばせて下さい。大原・宝泉院 (1999年 夏)

この国もますます、グローバル化するそうですね。あちこちが、デジタル化なんだそうですね。二十一世紀が、もうすぐだそうですね。                           京都は「関係ない」って顔をしているようでした。(1999年 夏)

日本はどんどんグローバル化しなくっちゃとか  なんでもかんでもデジタル化だとか 21世紀はほらそこまできているぞとか なんだかこの国も大変なことになってきているようですが ちなみに明日は晴れです。(1999年 夏TV)

「宝泉院」は大源寺(勝林院)の住職の坊として平安末期頃よりの歴史を持ちます。客殿はオープンエアー心地良い風が吹き抜けます。まさしく「この寺の 竹の枝間を うちこして 吹き来る風の 音の清さよ」です。

客殿正面の庭に植わる樹齢700年以上の五葉松も見事で三上山(近江富士)を象ったとされています。高浜虚子は「大原や 無住の寺の 五葉の松」と詠んでいます。

三千院、実光院などの寺院を訪ね歩く道のつきあたりにひっそりと姿を現します。柱を額縁に見立てた額縁庭園でゆっくりと目と耳を遊ばせて下さい。鮮やかな緑と樹齢七百年の五葉松。縁側で頂く御抹茶と和菓子。この庭園の名は盤桓園「立ち去りがたい」言う意味だそうです。うなずけます。

 

 

京都のミステリーゾーンへ、ようこそ。鞍馬寺(1998年 夏)

六五〇万年前、金星よりの使者、この地に立つ。       八〇〇年前、義経、天狗と出会う。京都のミステリーゾーンへ、ようこそ。(1998年夏)

京都のミステリーゾーンへ、ようこそ。さて、どのコースをお選びになりますか。①金星からUFO到来説②天狗伝説③義経生存説 む、信じられないって顔してますね 嘘か本当か先に行ってちょっと確かめてきます。(1998年 夏TVCM)

牛若丸の伝説が今も息づくパワースポット「鞍馬寺」は宝亀元年(770)、鑑真和上の弟子・鑑禎上人が毘沙門天を本尊として創建し、延暦15年(796)藤原伊勢人が塔堂伽藍を整え千手観世音も合わせ祀り誕生したとされる古刹です。宇宙エネルギーを「尊天」と称し、ご本尊と仰ぎ、その力の働きを護法魔王尊(鞍馬天狗)の姿で表しています。牛若丸(源義経)が修行したという伝説が残り、いにしえより信仰を集める霊験あらたかなお寺であり、広い境内には手付かず自然が残り、昼間でも少し暗く神秘的です。実際、「鞍馬山」は暗部山の別称があるように、暗く霊気に満ちた山として古くから京の人に知られていました。

仁王門から清少納言が「近くてとほきは・・・」と著した九十九折りの参道を登り、本殿からさらに貴船へと牛若丸の足跡を辿り、源義経の若き日に思いを馳せてみてはいかがですか。