この「ヒンヤリ」は 水の神様の、しわざです。貴船神社(2011年夏)(2002年夏)

貴船川沿いに本宮、中宮、奥宮が離れて点在し、約80段の石段の両脇の朱塗りの春日灯籠が並ぶ本宮の石段参道は、したたるようなご神木カツラの緑が広がり映え美しくあでやかです。

浅緑、浅葱、萌葱、萌黄、「日本のみどり色」が見つかりました。(2011 夏)

全国450社ある貴船神社の総本社である「貴船神社」は鴨川の水源に位置し、反正天皇(390年頃)の時代の創建とされている。神武天皇の母、玉依姫命が黄船に乗って浪速から淀川・鴨川・貴船川を遡って当地に上陸したところに水神を奉り祠を建てたのが始まりで、平安時代から水の神として信仰を集めていたのである。

この「ヒンヤリ」は 水の神様の、しわざです。(2002年 夏)

貴船川の上流へ500M、夏の川床で有名な料亭の赤提灯が途切れたあたりに奥宮がある。その間にある中宮(結社)の御祭神は磐長姫命で縁結びの神様と知られ、歌人・和泉式部が詣でて、心が離れた夫とよりを戻したことで有名です。

願い事をかなえる為にはまず、本宮で購入した「結び文」の裏に願い事を書き、結社の「結び処」に奉納するのだが、貴船神社の参拝方法は、本宮⇒奥宮⇒結社という順に参拝するのが、三社詣と言われる古くからの慣習です。最後のお参りする「結社」が縁結びの最強パワースポットなのである。

「京」と「水」とでできた「涼」でした。(2002年 夏)

柱を額縁に見立てた額縁庭園でゆっくりと目と耳を遊ばせて下さい。大原・宝泉院 (1999年 夏)

この国もますます、グローバル化するそうですね。あちこちが、デジタル化なんだそうですね。二十一世紀が、もうすぐだそうですね。(1999年 夏)

日本はどんどんグローバル化しなくっちゃとか  なんでもかんでもデジタル化だとか 21世紀はほらそこまできているぞとか なんだかこの国も大変なことになってきているようですが ちなみに明日は晴れです。(1999年 夏TV)

「宝泉院」は大源寺(勝林院)の住職の坊として平安末期頃よりの歴史を持ちます。客殿はオープンエアー心地良い風が吹き抜けます。まさしく「この寺の 竹の枝間を うちこして 吹き来る風の 音の清さよ」です。

客殿正面の庭に植わる樹齢700年以上の五葉松も見事で三上山(近江富士)を象ったとされています。高浜虚子は「大原や 無住の寺の 五葉の松」と詠んでいます。

三千院、実光院などの寺院を訪ね歩く道のつきあたりにひっそりと姿を現します。柱を額縁に見立てた額縁庭園でゆっくりと目と耳を遊ばせて下さい。鮮やかな緑と樹齢七百年の五葉松。縁側で頂く御抹茶と和菓子。この庭園の名は盤桓園「立ち去りがたい」言う意味だそうです。

 

 

京都のミステリーゾーンへ、ようこそ。さて、どのコースをお選びになりますか。鞍馬寺(1998年 夏)

六五〇万年前、金星よりの使者、この地に立つ。       八〇〇年前、義経、天狗と出会う。(1998年夏)

京都のミステリーゾーンへ、ようこそ。さて、どのコースをお選びになりますか。①金星からUFO到来説②天狗伝説③義経生存説 む、信じられないって顔してますね 嘘か本当か先に行ってちょっと確かめてきます。(1998年 夏TVCM)

牛若丸の伝説が今も息づくパワースポット「鞍馬寺」は宝亀元年(770)、鑑真和上の弟子・鑑禎上人が毘沙門天を本尊として創建し、延暦15年(796)藤原伊勢人が塔堂伽藍を整え千手観世音も合わせ祀り誕生したとされる古刹です。宇宙エネルギーを「尊天」と称し、ご本尊と仰ぎ、その力の働きを護法魔王尊(鞍馬天狗)の姿で表しています。牛若丸(源義経)が修行したという伝説が残り、いにしえより信仰を集める霊験あらたかなお寺であり、広い境内には手付かず自然が残り、昼間でも少し暗くて神秘的である。実際、「鞍馬山」は暗部山の別称があるように、暗く霊気に満ちた山として古くから京の人に知られていました。

仁王門から九十九参道を登り、本殿からさらに貴船へと牛若丸の足跡を辿り、源義経の若き日に思いを馳せてみてはいかがですか。