この「ヒンヤリ」は 水の神様の、しわざです。貴船神社(2011年夏)(2002年夏)

貴船川沿いに本宮、中宮、奥宮が離れて点在し、約80段の石段の両脇の朱塗りの春日灯籠が並ぶ本宮の石段参道は、したたるようなご神木カツラの緑が広がり映え美しくあでやかです。

浅緑、浅葱、萌葱、萌黄、「日本のみどり色」が見つかりました。(2011 夏)

全国450社ある貴船神社の総本社である「貴船神社」は鴨川の水源に位置し、反正天皇(390年頃)の時代の創建とされている。神武天皇の母、玉依姫命が黄船に乗って浪速から淀川・鴨川・貴船川を遡って当地に上陸したところに水神を奉り祠を建てたのが始まりで、平安時代から水の神として信仰を集めていたのである。

この「ヒンヤリ」は 水の神様の、しわざです。(2002年 夏)

貴船川の上流へ500M、夏の川床で有名な料亭の赤提灯が途切れたあたりに奥宮がある。その間にある中宮(結社)の御祭神は磐長姫命で縁結びの神様と知られ、歌人・和泉式部が詣でて、心が離れた夫とよりを戻したことで有名です。

願い事をかなえる為にはまず、本宮で購入した「結び文」の裏に願い事を書き、結社の「結び処」に奉納するのだが、貴船神社の参拝方法は、本宮⇒奥宮⇒結社という順に参拝するのが、三社詣と言われる古くからの慣習です。最後のお参りする「結社」が縁結びの最強パワースポットなのである。

「京」と「水」とでできた「涼」でした。(2002年 夏)