清水さんも、ちょっと夜更かしする。それが秋なんですね。清水寺(2004年秋)

鮮やかな朱色の仁大門が出迎えてくれる大定番の西国三十三ヶ所観音霊場十六番札所「音羽山 清水寺」。

パリやロスに ちょっと詳しいより 京都にうんと詳しいほうが かっこいいかもしれないな。(1993年 秋)

清水さんも、ちょっと夜更かしする。それが秋なんですね。(2004年 秋)

どうですか、いかまらここにいらっしゃいませんか。京都東山三十六峰の秋はありがたいことに結構酔いっ張りなんです。こんな大人っぽい清水さんもいいもんでしょ。(2004年 秋TVCM)

と、秋だけで2回も取り上げられている「清水の舞台」で名高い東山の清水寺は、「木津川の北流に清泉を求めて行け」の夢告から宝亀9年(778)大和の僧・延鎮上人が音羽の滝の上に庵を結び、千手観音を祀ったのが始まりで、その後延暦17年(798)坂上田村麻呂が長岡京の旧紫宸殿を移築して創建したと伝わる単立の北法相宗大本山で、かつては清少納言も参詣したという。年間500万人もの参拝客が訪れる京都随一の人気スポットである。

2014_1122_110258-P1050861

秋には音羽山の山裾一帯に広がる境内が赤く色づき、139本の古色を帯びた柱が支えている山際から前面に張り出しためずらしい懸崖造舞台の下に広がる錦雲渓もまさしく錦の雲がたなびいているかのような艶やかな情景になる。紅葉越しに市内を一望する舞台上の眺望も格別だが、奥の院と子安塔をつなぐ参道から望む、舞台と紅葉のコラボレーションもまた素晴らしい。燃え上がるような深紅の海原に浮かぶ名舞台がそこにあります。

2014_1122_110520-P1050862

ご本名は真正極楽寺。「正真正銘のゴクラク」は、町角を曲がるとあったりするんです。真如堂(2002年秋)

正式な名前は真正極楽寺といいます。真正銘のゴクラクということですよね。住宅地の角をひょいと曲がったところにあるからといって侮ってはいけない。京都はそういう街です。(2002年秋TVCM)

「真如堂」は隠れた紅葉の名所で「そうだ、京都、行こう」で紹介されて落胆した人が多かったそうで、大通りから奥まっているので、普段はとても静かで、1万坪の広い境内は自由に出入りが出来、参拝客以外にも、とっておきの庭のように過ごす地元の人が多く、大らかで、親しみのあるお寺なのである。

2014_1122_162134-P1050943

真如堂」は紅葉の名所と知られる天台宗の寺院で、正式には真正極楽寺。寺名は正真正銘の極楽の寺という意味で、真如堂はもともと本堂の呼び名であったという。
永観2年(9849、戒算上人が比叡山常行堂にあった、平安初期に円仁が霊木で彫った天下三如来のひとつ阿弥陀如来を本尊として堂宇を建てたのがはじまり。本尊阿弥陀如来像は女人を救う仏で、「うなずきの弥陀」という別称で庶民に親しまれていてる。

2014_1122_161052-P1050942

境内には三重塔、書院、元三大師堂、鐘楼などの伽藍が並び、大寺院の風格が漂っている。山門から本堂まで、ゆるやかに延びる参道の両側からは、赤く色づいた楓が降りかかり、三重の塔近くにある「はなの木」は黄、橙、赤と三色に変わるグラデーションが珍しい。空を覆い尽くさんばかりの紅葉のすき間から、優美な三重塔が顔をのぞかせるのである。

2014_1122_160520-P1050936