過ごす場所を選ぶだけで、人はそうとう幸せなれる。平等院(2003年夏)

過ごす場所を選ぶだけで、人はそうとう幸せなれるもんだ。(2003年 夏)

みんなに等しく幸せな場所とはどういうものだろう。ここがその答えのひとつです。950年前にあった不安な時代につくられました。さっきからここにいる私からも一言、大丈夫  誰にも楽園はきっとあります。 (2003年夏TVCM)

滔々と流れる宇治川、山々が織り成す景観とおおらかな空気・・・平安時代、京の貴族たちにとって宇治は都勤めの疲れを癒してくれる別荘地として愛され、「源氏物語」の舞台となったのである。

世界遺産・平等院は平安時代後期、1052年(永承7)関白・藤原頼通が父道長の別荘を寺院に改めたのが始まりである。鳳凰堂はその翌年にその昔、平安貴族が夢見た”極楽浄土”をイメージした阿弥陀堂として建てられ、本尊・阿弥陀如来像が安置されました。

前庭の阿字池の水面に、鳳凰が翼を広げたような中央の楼閣を中心に左右に延びた翼廊を持つ優美な姿を映す鳳凰堂は、10円硬貨のデザインとして有名である。そして鳳凰は一万円札のデザインにもなっているのである。今回の改修では元の「丹土」という朱色を再現し、瓦を河内瓦に葺き替え、鳳凰が金色に輝いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください