美しい景色は人が練りに練って生まれたものです。「旧嵯峨御所 大覚寺門跡」(2007年秋)

美しい景色は人がつくり上げるものです。この当たり前のことに1000年たった今、ドキリとするのはどうしてだろう。

平安時代の初めに海外の情報を集め、書を読み、話を聞き、練りに練ってこの空間設計は生まれたのです。(2007年秋)

平安時代の初めにわざわざ海外の情報を集め、書を読み、話を聞き、練りに練ってこの空間設計のプランは生まれたといいます。風景は人がつくり上げるものなんですよね。この当たり前のことに1000年たった今、ドキリとするのはどうしてだろう。(2007年秋TVCM)

もとは平安初期、嵯峨天皇によって建てられた離宮「嵯峨院」でしたが、貞観18年(876)に寺に改められ、明治時代初頭まで天皇や皇族が門主を務めた門跡寺院が、「旧嵯峨御所 大覚寺門跡」です。

正面には式台玄関があり脇にある、11月からお披露目される嵯峨天皇ゆかりの古典菊「嵯峨菊」もみどころです。

絵葉書だけでわかったつもりになられると寂しい。京都が言っています。(1993年 秋)

考えてみれば、1200年もかけてできた秋の中に居る。年季の入った風景ってわけですね。

境内の大沢池は周囲1.2kmの日本最古の人工の林泉で、嵯峨天皇が唐も洞庭湖を模して造られたことから庭湖とも呼ばれます。堤には桜やカエデ、松が植えられ、池中にはふたつの島をつくり、その背景にある北嵯峨の山々との調和を細かく計算するなど、自然が大いに生かされています。池の周りには茶屋や石仏群、名古曽滝跡などが点在し、時代劇の撮影によく使われています。

かつては、この池で貴族たちが舟遊びをし、月見を楽しんだのです。今でも平安時代へタイムトリップさせてくれるそんな場所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください