日本史という額縁に、1995年の紅葉がおさまっていました。南禅寺(1995年秋)

インクライン(傾斜鉄道)から疎水百選「琵琶湖疎水」の横を歩いていくと南禅寺境内にあるレンガ造りの「水路閣」にでる。東山の自然に溶け込む水路閣は古代ローマの水道橋を模したという不朽のグッドデザインで赤レンガの橋脚が優雅なアーチを描いて並び建つ姿は紅葉によく映える。

2014_1122_134111-P1050894

木々が色づくことまで 歴史上の出来事なんですね、この町では。日本史という額縁に、1995年の紅葉がおさまっていました。(1995年秋)

歴史という額縁に、1995年の紅葉がおさまっています。や、絶景かな、町ごと紅葉の美術館になる京都です。(1995年秋 TVCM)

鎌倉時代の正応4年(1291)に亀山法皇の離宮を禅僧・無関普門が禅寺に改めたのにはじまる臨済宗南禅寺派の大本山「南禅寺」で、室町時代には臨済宗京都五山の最高位に君臨した、栄えある歴史にふさわしい風格が漂う。

2014_1122_135058-P1050904

南禅寺では。実に様々な紅葉の風景を見ることができます。大伽藍や三門と燃えるような紅葉の赤とのコントラスト、塔頭の庭の計算し尽くしされた構図の紅葉。レンガ造りの水路閣と紅葉とはエキゾチックな美しさをつくり出し、そして背景にある東山の雄大な錦秋・・・。どうやらこの町の歴史が、紅葉の美しさも磨き続けてきたのです。

一番の見どころは日本三大門のひとつで、下層は「天下竜門」上層は「五風楼」と呼ばれる三門は、藤堂高虎が大阪夏の陣で倒れた戦没者を弔うために寛永5年(1628)に再建されたものであるが、本瓦葺の入母屋造で高さ22M、雄大な禅宗様式を代表する門といえる。その大きさには驚かされるが、そこに紅葉が加わる秋の景色はさらに感動的であり、紅葉の赤と門の黒が鮮やかなコントラストを見せる。楼上から京都が一望でき、歌舞伎の「楼門五三桐」で石川五右衛門の「絶景かな・・・」でもおなじみ名所である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください