人の成功、失敗、1200年ぶん。京都は勉強になります。平等院鳳凰堂(1993年秋)

人の成功、失敗、1200年ぶん。京都は勉強になります。   「なに、ここ藤原さんの別荘だったんだって」「こういうところに住みたいね。(1993年 秋)

藤原道長の別荘を、息子頼通が永承7年(1052)に寺に改めて創建。平安貴族が夢見た極楽浄土を形にした国宝の阿弥陀堂は、全体の姿が翼を広げた鳳凰のようであることから「鳳凰堂」とも呼ばれ、10円玉にも刻まれ、その優美な姿は有名である。ミュージアム鳳翔館では、国宝の梵鐘や鳳凰堂の内壁を飾った雲に乗って楽器を奏でる雲中供養菩薩のほか、鳳凰堂内部の極彩装飾を復元した展示も見ることができます。

鳳凰堂を取り囲む、浄土式の庭園も美しく、阿字池に映る鳳凰堂は2012年9月に始まった改修工事を終え、2014年4月に鮮やかな姿を取り戻している。そして10月にすべての改修を終えて、ついに落成したのです。

平安時代の仏師定朝の作であることが確実な現存唯一の仏像である本尊の阿弥陀如来座像をはじめ、雲中供養菩薩像や9通りの来迎を描いた壁扉画など、平安時代・浄土教美術の頂点が集約され ていて、天井の二重天蓋の精緻さには驚かされる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください