一年の 「旅初め」 を どこにするか、だ。下鴨神社(2007年初春)

正式名称を「賀茂御祖神社」という下鴨神社は、京都市内の地図を見ると一目瞭然。出町柳あたりで、京都を流れる加茂川と高野川とが合流して鴨川になるY字型の三角地帯に位置している。                     御祭神の賀茂建角身命は神武東征で熊野から吉野に入られる際、八咫鳥に身を代えて導かれたのであり、鴨氏の祖で大和の葛城から古代の京都山城を開かれた神さまで、玉依媛命は賀茂建角身命の子である。玉依媛命の子「賀茂別雷大神」は上賀茂神社の御祭神で、下鴨神社と共に賀茂神社と総称され、京都三大祭りの一つ葵祭(賀茂祭)が両社で催されている。               御神紋は「双葉葵」という植物で、昔は「あふひ」と書かれ「あふ」は「会う」、「ひ」は神さまのお力を示す言葉で、神さまの大きな力に出会う植物が「あふひ=葵」であると伝えられている。下鴨神社は上賀茂神社同様、京都でもっとも古い神社の一つとされ、世界文化遺産に登録されている。

樹齢200~600年にもなる老樹が茂り、古代山城国の名残をとどめる広大な原生林「糺の森」を歩けば京都一のパワースポットと呼ばれる由縁もわかる気がします。ここを縦断する参道は、まるで町中にある山道で、漂う清浄な空気が一年の納めや始めにふさわしく感じます。

木々の間に凛とした姿を見せる下賀茂神社の正門である朱塗りの楼門をくぐり、御手洗川にかかる輪橋(そりはし)の側に梅の木があり「光琳の梅」と呼ばれていて、初代が尾形光琳が「紅白梅図屏風」(国宝)に描いた梅なのである。尾形光琳(1658-1716)は江戸時代の京都画壇の代表的絵師、工芸家で、「紅白梅図屏風」は光琳の晩年の作と言われ京都の新町通り二条下ル(二条城の東方)の光琳の自宅で描かれたと伝えられています。彼もここに足繁く通ったのでしょうか。

一年の  「旅初め」 を どこにするか、だ。 (2007年 初春)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください