「ありがとう」 桜を見上げて言ったのは初めてな気がする。円山公園(2006年春)

こういう時代、気合いの入ったサクラが見たいものです。いろんな時代を生き抜いてきたサクラだもの。やっぱりちがうな。(1994年 春)

「ありがとう」 桜を見上げて言ったのは初めてな気がする。(2006年 春)

ああきれいだ、いいお酒が飲めるぞ。桜を見るとだいたいこんなことを思うんですよ いつもわね。それが今夜はちょっと違かな。なんて言ったらいいんだろう そう また春がきた、ありがとう。(2006年 春TV)

「山の桜」「里の桜」ともに数多くの名所を持つ京都の里の桜の代表するものの一つが円山公園にある高さ12m、枝張り10mのこの樹齢100年の大きな一重白彼岸枝垂れ桜です。

円山公園は大正3年(1914)に完成した京都最古の公園。元が八坂神社の一部で明治維新以降分離しました。約87000㎡の広さがあり、園内には小川治兵衛が手掛けた池泉回遊式庭園を中心に料亭や茶店が点在し、坂本龍馬や中岡慎太郎の銅像もある。京都随一の桜の名所と知られ約680本の桜が植えられています。毎年ここで花見をするという地元の人も多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です